日々のあれこれ

 「次の一手」を常に考えながら戦略を進める人

 そんな洞察力や想像力が、私にもあったらなぁと、羨ましい限りです

 こんなかっこいい表現には申し訳ないくらい、私の「次の一手」はささやかなものでした

 一昨年の秋に、「来年のひと夏、母が張り合いをもって育てられる植物を…」と考えて、散歩道に自生していたコキアの種を採りました

 コキアは、北海道ではあまり普及していないので、珍しい植物が好きな母は興味津々で育てるだろうという予想は見事に当たりました

 暖かくなるにつれて、ムクムクと大きくなっていく様子、その形の可愛らしさ、秋に鮮やかな赤に染まっていく感動を、逐一電話で伝えてくれました

 秋が過ぎて枯れてきた頃に「種を採っておいたけど、気温が下がってから採ったから、芽が出なかったときのために、そっちでも採って、また送って」と言うのを聞いて、来年の楽しみもできたんだなぁ…と安心しました

 それでも「次の一手」は用意しています

 ネモフィラ、黄色いコスモス“レモンブライト”、白に青い筋の入った大輪朝顔

 どれも、散歩の途中で零れ種から育ったらしい株から種をいただいたものです

 いずれも、母にとっては目新しい花なので、季節をずらしながら花を咲かせて、楽しい夏にしてくれるでしょう

 嫁いで来てから苦労の連続で、辛い思いもしてきた母です(関連 勝手に使命感

 一人暮らしになって、どんなに心細いかと思いながらも、離れて住む私には、してあげられることは限られていて、もどかしく感じる日々です

 せめて、毎日、一度は笑顔になれるように、「次の一手」、また「次の一手」と、手駒を用意しておきたいのです

 ちなみに、今日の電話で、「家の中で苗を育てておこうと思って、1週間ほど前に種を蒔いたら、3日くらいで芽が出たよー」と喜んでいました

 ちょっと、気が早過ぎじゃないかな…

 張り合いがあるってことだから、まぁいいか…

昨年夏 北海道育ちのコキアです

同じ空の下

 「男もすなる日記といふものを…」なんて、かしこまってはいませんが、5年日記といふものを初めて買ってみました

 自分の立派な行動の記録を残そうなどど、大それた夢をもっているわけではありません

 こちらでの生活が、あと一年あまり (関連 繋がった空の下で

 向こうでは、手伝うにしても、経営するにしても農業に携わろうと思っています

 一年前、数年前の自分が何をしていたかを参考にしたり、振り返ったりするのに、ちょうどいい紙面の並びです アナログな紙媒体というのも必須です

 ここからの5年間といえば、それなりの覚悟をして迎えなければなりません

 生活の変化

 父のこと

 母のこと

 文字や記録が、自分にとって支えになることを、このblogを始めて気付きました

 大切な場面でも、過去を省みて、冷静な判断ができますように…

 その前に、ちゃんと続けられますように…

眩しいほど、色鮮やかな表紙が、ちょっと恥ずかしい…

日々のあれこれ

 ここ数日間は、そこそこ熱めに今日を待っていました

 賑やかで楽しい年末年始でしたが、心の何処かで今日を待ち遠しく思っていました

 日を経るにつれ、仕事が始まり、拘束時間という現実に向き合わなければならないと分かっていながら、それでも「あと少し…!」と、待っていました

 それは今日が、今年最初の一般ごみの日だから…

 情けない話です

 楽しく休んでいた時間が過ぎていくのを恨めしく思いながら、他の人の仕事が始まるのを、首を長くして待っているのですから

 どう頑張っても自己完結できないのが私たちの社会です(関連 自己完結

 私は私で自分の仕事を予定どおりに始めて、社会に貢献していくしかありません

 明日、2週間分たまったプラごみを出すと、いよいよ日常が戻って来ます

 私は明日、休日ですが、業者さん、お願いします

 せめて、マナーを守って出しますので…

散歩していると、管理されていないお茶や桑の木がそこここにある、長閑なこの地域が好きです

日々のあれこれ

 昨年の“励ましの花”は、カポックでした

 賑やかで慌ただしいお正月が去って、気が抜けたような、置き去りにされたような喪失感… そんな私を励ますように、30年来の旧友のカポックは、25年ぶりの花芽をつけて、楽しませてくれました (関連いいことあるかな

 もっとも、気持ちの高まりは、日を追うごとに理想的に上昇し、6月の開花でピークを迎えたものの、その後の残念な結実まで、急降下と言っても過言ではない折れ線グラフを描くというオチが待っていましたが…

 興味をもってくださる方は、上のメニューから「カポックの花が」のカテゴリーを選んでご覧ください “熱量”が伝わることを願っています

 そして、今年も励ましの花に恵まれました

 多肉植物「グリーンネックレス」です

 寄せ植えの鉢としていただいて6年になろうとしています 一緒に植えられている多肉植物は勢いがあって、大きくなったり新芽を伸ばしたりする中で、一時は枯れてなくなりそうだったのに、ここ一年くらいは順調に伸び始めていました

 調べてみると、花芽をもつのは株が充実している証拠だとか

 たった一つですが、少し気の抜けた生活に彩りを与えてくれるには十分そうです

 みなさま、あけましておめでとうございます

 今年もよろしく、お付き合いくださいませ

奇跡のような軌跡

 年末になると、「ああ、今年も一年、なんとかやって来られたなぁ」と、感慨にふけってしまいます

 そんなことを毎年やっています

 こちらに来てから20回も…

 納得できない毎日から抜け出そうと決めたきっかけは、何処かから私を呼んでいる気がする声(呼ぶ声)と、たまたま見た縁起の良い夢(色のついた夢)でした

 多くの人は、それを錯覚とか勘違いとか呼ぶのでしょう

 でも、現実的じゃないと諦めるには、私の好奇心は強すぎました

 加えて、あまりにも頑固でした

 失敗にしたくない一心で、無我夢中で走った20年でした

 だって、負けず嫌いなんだもの

 そして、3人の子どもを巻き込んでまで、ここで成し遂げたかったことは、もうそろそろ終わりに近づいているのかもしれません

 ここ半年で書き続けたように、今、その“声”は、北海道から聞こえて来ています

ツルムラサキって、食べられる植物なのですね

日々のあれこれたどり着いた視点

 丈夫なドームを作ろうとしている

 手っ取り早く、お金だけかけて

 本当に安心なのか、誰もが不安を抱いているというのに

 企画者は、内側の人に、「これで安心だから、費用はもってね」と言っている

 内側では、「また、金を取り上げるのか!」と不満が噴出している

 その延長で、小競り合いが続いている

 「自分を、他人より強く、大きく見せたい」

 「他人より、少しでも得していると思いたい」

 「生きるためには、小さな犯罪くらい仕方がない」

 現状を冷静に見て、分析してほしい

 順番が違うってことに気づけないのかな

 守るに値する国を作るのが先でしょ

この平和な空を守るために、火の力が必要か…?

日々のあれこれ歳時記

 12月になると、とりあえず、ジョージ・ウィンストンの「DECEMBER」を聴きます

 洗濯物を干しながら

 掃除をしながら

 心の中は、目の前にある生活感のある物事から離れて、頭の中で雪が降り始め、やがて吹雪になっていきます

 そり遊びをしていた、幼い頃の感覚が蘇ります

 日本で感じるよりも、ずっと粛々としたクリスマスの雰囲気を味わった後に、厳かに年を越えていきます

 その中でも、必ず家事の手を止め、掃除機の電源を切って、聴き入ってしまう「ハッヘルベルのカノン」

 華やかに祝い、楽しもうとするのは世界共通なんだなぁと、ホッとするような気持ちになります

 年が明けて、仕事が始まる頃に、必ずこの時期のことを思い出します

 年末年始のあれこれを楽しみにしていたんだなぁ

 あっという間に過ぎて、ここまで来ちゃったなぁ

 それでも、戻るよりも、春に向かって進みたいな

 ここまでのひとセットを毎年繰り返します

 来年も、「前に向かって進もう」と思っていられることを願っています

 よろしければ、こちらもどうぞ感じ取る季節

何かの文明の遺物かな…?